主なカテゴリ
会員の方はこちら  →
会員登録はこちらよりできます  → 新規会員登録 パスワードを忘れた方はこちら

  • HOME
  • >> 対応データ

対応データ

対応アプリケーション

Macintosh
  • Adobe Illustrator 5.5、8.01、9.02、10.03、CS、CS2、CS3、CS4、CS5、CS5.5
  • Adobe Photoshop 6.01、7.0、CS、CS2、CS3、CS4、CS5、CS5.5
  • Adobe InDesign CS、CS2、CS3、CS4、CS5、CS5.5
Windows
  • Adobe Illustrator 8.01、9.02、10.03、CS、CS2、CS3、CS4、CS5、CS5.5
  • Adobe Photoshop 5.02、5.5、6.01、7.0、CS、CS2、CS3、CS4、CS5、CS5.5
  • Adobe InDesign CS、CS2、CS3、CS4、CS5、CS5.5

日本語フォント

Macintosh
  • モリサワOCF、CID、OpenType 対応
  • フォントワークスOCF、CID 一部対応
  • ダイナフォント100 書体
Windows
  • 非対応

PDF入稿も対応

PDF/X-1aとは
全く新しいPDF の形式ではありません。定められた条件に合格したPDFのことで、RGB 画像やエンベットされていないフォントなど、印刷に不適切な要素を禁止する条件を加えたPDFです。
メリット
  • 必ずCMYKカラーになる。
  • フォント・画像が埋め込みになる。
  • 制作したデータの印刷仕上がりイメージをチェックできる。(オーバープリント等)
  • 入稿データをコンパクトにできる。
PDF作成時の注意
画像について
  • CMYK カラーにする
  • psd 形式を推奨(Photoshop のネイティブ形式)
Illustrator の場合
  • オーバープリントプレビューで作業する
  • 特色はプロセスカラーにする(PDF 変換時)
  • EPS 形式の画像を配置している時は埋め込みにする(PDF 変換時)
  • 仕上げのサイズは必ず書類設定の中心で作成する←PDF上で仕上げトンボを中心にする為
InDesign の場合
  • 特色はプロセスカラーにする(PDF 変換時)